自動車の静電気の防ぎ方

皆さんは、自動車に乗り降りしたときに静電気がおきたことはありませんか。
車から乗り降りすると、静電気が起こりやすいといわれています。

立体図|関西空港駐車場は格安りんくうパーキングに関する耳より情報です。

空気の乾燥した日や化学繊維の多い衣類を着ていると、静電気は起こりやすくなります。

体には特に害はありませんが、いきなりピリッと電流が走るとびっくりしてしまいます。

このような静電気を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、そんな自動車で起こりがちな静電気の対策を説明します。まず自動車から降りる時の対処法です。


ドアを開けてもすぐには降りず、座席にそのまま腰掛けたままでいてください。

修理・メンテナンス l スペースファクトリー 横浜 アメ車の修理 車検 点検 メンテナンス情報が絶対見つかります。

それから、金属部分である車体のドア枠等どこでも良いので触れたまま、地に足を着けましょう。
これで帯電している静電気を放電できるので、バチッとくるのを防ぐことができます。

車を降りる時というのは、シートと服の生地の摩擦で静電気が起きるので、車の金属部に触れながら降りることで、電位差が生じず静電気はおきなくなるというわけです。


自動車に乗る時は、面倒でもポケットやカバンに玄関のキー又は自動車の金属キーを持ち歩き、手に持ったその金属片で車体に触れるようにしましょう。そこで放電されます。

また、その他の対策に靴の全面(内側も、外側も)に静電気防止スプレーをするという方法もあります。
これで、体に溜まった静電気が地面に放出されて静電気を減らすことができます。

しかし、デメリットとして、効き目が長続きしないことと多少の臭いが気になります。

また、ウェットティッシュを使用する対策法もあります。

コンピューター診断 l スペースファクトリー 横浜 アメ車の修理 車検 点検 メンテナンスの情報をお知らせいたします。

金属部分を触るのに抵抗がある人は、ウェットティッシュや濡れたハンカチなどでドアノブに触れるようにしましょう。

適度な湿気がありますので、静電気が水の中を通って放電されます。ウェットティッシュは自動車の掃除にも活用できますし、静電気対策や清掃用としてひとつ置いておくといいでしょう。
以上のことを参考にしてください。